OTC薬販売のアルバイト

アルバイトとして雇われる薬剤師は、従事する仕事によって給料も大きく変わります。代表的な業務としては、調剤業務とOTC薬の販売があるでしょう。調剤業務に関しては、病院から発行される処方箋を患者さんが持参し、それに基づいて薬を調剤して薬を渡します。患者のアレルギーや併用薬・既往症などのチェックと、服薬方法の指導などを行います。
通常、他に正社員の管理者が在籍しているのでフルタイムの勤務も少なく、すべての責任を任されることはありません。したがって、時給も薬剤師の平均時給と同等か、少し低めになります。一方、OTC薬販売の時給は高いです。OTCとは、オーバーザカウンターの略です。カウンターを通して購入できる医薬品、つまり処方箋がなくても購入できる一般的な市販薬をOTC薬といいます。OTC薬販売に従事するのであれば、会話が上手でないとなかなか業務がうまくいきません。来店した顧客から体の状態を聞き出し、症状を類推します。OTC薬で対応できるか、または受診勧奨をするかを判断しなければならないのです。
そして、数ある医薬品の中から症状にあったものを選び出し、服薬指導を行って販売します。調剤薬局で出す処方薬より副作用は少ないですが、併用薬との組み合わせによっては、重篤な症状が出てくる可能性もあり注意が必要です。症状を判断するという医師のような側面も持ち合わせてなければできない仕事なので、必然的に給料は高くなります。
OTCでは薬剤師の勤務者は一人で、残りの営業時間は登録販売者という医薬品販売の専門職に任せるケースが多くなっているようです。そのため、アルバイトであっても、医薬品販売の統括者として責任が発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です