ドラッグストアでのアルバイト事情

薬剤師の資格があれば、ドラッグストアでアルバイトをすることができます。登録販売士の資格があれば、第二種医薬品と第三種医薬品の販売が可能です。薬剤師資格があれば、それに加えて第一種医薬品の販売まですることができます。つまり、仕事の幅が広がるということです。店舗の中でできない業務がなくなるので、仕事はよりしやすくなることでしょう。
採用時にも、薬剤師資格があれば優先的に採用をしてもらえます。また、長く働き続けた際は、出世もしやすくなるものです。薬剤師はメリットが非常に多いので、できることなら資格取得をしておきたいものではないでしょうか。時給の面でもメリットが多く、有資格者は数割高い時給設定になっているのが特徴的といえます。短時間勤務でも月収が高くなりやすいので、家事や育児をやりながらでも生活を安定させられて便利です。
ただ、この資格は国家資格であって、医者や看護師とさほど変わらない難易度の高さを誇っている点に注意が必要となります。大学にも六年しっかり通わなければならないので、取得するまでのハードルはかなり高いのがネックとなるのです。経済的に余裕がなければ取得ができない点で、誰にでも挑戦ができるタイプの資格ではありません。その分一度資格を取ってしまえば、その後仕事に困ることはなくなります。
ドラッグストアの数は、日本に一万五千店以上です。そのうち、二万店を超えると予測されています。そのすべてを就職や転職のターゲットにすることができるのは、非常に大きいメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です